ハーブ 98 (アップルペクチン)

アップルペクチン(アップルファイバー) バラ科リンゴ属 落葉高木樹 使用部位 果実

※こちらは加工品で純粋なハーブではありませんが、自然療法ではとても有用なものです。
りんご由来の食物繊維、ペクチンがはたらきかけます。

現在栽培されているのは西洋りんごで19世紀ごろには国内で栽培された記録があるようです。
それ以前に渡来したものは和りんごとも呼ばれるようですよ。

りんごにはリンゴ酸やクエン酸などが豊富で疲労回復を促進します。

抗酸化作用や脂肪低減作用、老化防止効果の期待できるポリフェノールも含みます。


また豊富な水溶性食物繊維のペクチンには、整腸作用、コレステロールの吸収抑制効果が期待できます。

このりんごに含まれるペクチンは解毒作用が強く、重金属類を体外に排出してくれます。
また食物繊維ですので腸活にもおすすめです。

アップルペクチンが注目されたのは、原発事故がきっかけでもありますね。

取り込んでしまった放射性物質のセシウムなどを体外に排出してくれるとして医師もすすめたものです。

放射性物質や農薬は、体内に取り込まれると重金属類と同じように振る舞うといわれています。
そこで、これらの不要な化学物質類は今回のペクチンやコリアンダーでデトックスするのがおすすめです。


こちらは粉末状ですので、水と一緒にそのまま摂るかヨーグルトなどへトッピングするのもいいですね。

 

(ティーとしてはおすすめしませんので、感想はありません)