ハーブ 97 (くず)

クズ(葛) マメ科クズ属  つる性の多年草

 

こちらは葛粉です。

根を乾燥させたものが葛根で生薬になります。

※ 加工品ですが、葛100%ですのでハーブの仲間としてご紹介します。


古くから「葛粉」として利用され葛湯、葛切りや葛餅で身近ですね。
秋の七草としても知られています。

風邪のひきはじめに葛根湯といわれるように、漢方薬にも用いられます。
葛の根にはイソフラボン誘導体が微量含まれ、発汗・解熱・鎮痙作用などがある。


初期の風邪の寒気をやわらげ、熱を取り、喉の渇きを癒したり下痢などにも効果があるといわれ、民間療法として伝統的に用いられてきました。

また近年は更年期障害、骨粗鬆症、糖尿病、乳癌、子宮癌、および前立腺癌などにもよいといわれています。

エストロゲン様作用を示すイソフラボン類が含まれているため、乳幼児および若年者、妊娠中・授乳中の方は大量摂取を避ける。

風味ですが、葛湯と変わりませんので感想はありません。

独特のとろみが腸粘膜を保護し『腸活』の際にニレ茶の代用としておすすめです。