ハーブ 52 (サフラワー)

サフラワー 和名 紅花(ベニバナ) 末摘花(スエツムハナ) キク科ベニバナ属の一年草または越年草。使用部位は花。

 

染料や着色料、食用油の原料として用いられてきました。

同じような効能の高価なサフラン(番紅花)の代用としても知られていますね。


生薬では紅花(こうか)といい、昔から血(けつ)を動かすとして血流を改善し血行を良くするとして瘀血、血の道症などの婦人科疾患や手足の冷えの改善にも用いられてきました。


また通経作用もあり月経痛や生理不順、更年期障害にも用いられます。

 

子宮収縮作用がありますので妊娠中のかたは避ける。キク科にアレルギーのある方も避ける。出血性の疾患や月経過多の場合にも控える。

 

さて風味ですが、香りはそれほどでもありません。が、色はしっかりでますね。味の方はくせがなく少しまったり感があるように感じます。後味も残りませんので飲みやすさは★★★です。