ハーブ ㊴ (マグワート)

マグワート 和名 オウシュウヨモギ キク科ヨモギ属  多年草  使用部位は地上部(主に葉)

 

生薬では艾葉(がいよう:近縁種)です。主に月経過多症や月経痛など月経異常、出血症状の際に用いられますが「胎児を鎮める」作用があると言われ、流産の恐れがある場合や不妊症にも処方されてきたそうですね。
「お灸」や「ヨモギ蒸し」といったケアにも用いられますし、食材としても身近な存在です。

 

一方、ハーブとしては古来より神聖な用いられ方をしてきたようですね。
苦味の消化促進、肝臓の強壮作用もありますが、神経鎮静作用もあります。婦人科系としては生理不順や生理痛、分娩促進など子宮刺激剤として。
ビールの風味付けに用いられたことから取っ手付きのコップ=マグが由来になったそうです。

 

おすすめはヨモギとして知られているほうですね。生薬でなくても、国産で健康茶としても手に入りますので。

花粉は花粉症や喘息アレルギーの原因の1つとされていますので、キク科にアレルギーのある人は注意して下さい。
妊娠中・授乳中のかたも控えて下さい。また【ツジョン(ツヨシ)】を含んでいるのでてんかんの既往歴のある方は控えてください。

 

風味のほうですが、干し草のような草木系でしょうか。

味はあっさりでクセもありません。後味も残らずさっぱりしていて、飲みやすさは★★★です。