ハーブ ㉘ (エキナセア)

エキナセア 別名パープルコーンフラワー、和名ムラサキバレンギク。

キク科ムラサキバレンギク属の多年草。使用部位 根・葉・花。

 

北米原産で、古くから先住民族に傷の洗浄、歯やのどの痛み、風邪や伝染病の治療に用いられていたことから「インディアンのハーブ」とも。


マクロファージT細胞の活動を促す。免疫力強化ハーブ、予防にもケアにも。抗ウィルス、抗菌、抗アレルギー、抗炎症作用も。

感染症を抑える働きの白血球の産生を促し、さらにエキナセア成分中の多糖が抗ウイルス活性を示すことが報告されているそうです。

 

免疫に関わるT細胞に作用することから、エキナセアは花粉症などのアレルギーの改善にも役立つ免疫力強化ハーブです。


よく知られているハーブだけに、研究も多く安全性の情報は多いですね。多量に飲むと吐き気、めまいを引き起こすことも。また過剰摂取は咽喉の炎症を起こすとも。

キク科の植物にアレルギーがある人は注意が必要です。

 

風味の方は香りはほのかにフローラル感。味はクセがなく後味も残らないあっさり系ですね。飲みやすさは★★★です。