ハーブ  ㉓ (ゴールデンロッド)

今回はセイタカアワダチソウです。別名セイタカアキノキリンソウ。英名はソリダゴ(Solidago)、ゴールデンロッド(Golden Rod)。キク科アキノキリンソウ属の多年草。使用部位は地上部(蕾、葉、茎)
ソリダゴには近縁種が多いそうで、自生するアワダチソウ(アキノキリンソウ)、ミヤマキリンソウをはじめ、オオアキノキリンソウ、オオアワダチソウ、など帰化したものも含めいくつかあるそうです。

ヨーロッパのソリダゴはヨウシュアキノキリンソウ、北米のものはカナディアンゴールデンロッドでこちらが帰化したセイタカアワダチソウ。
生薬名は一枝黄花(いっしこうか)。中国ではミヤマキリンソウで日本ではアキノキリンソウを用いる。

葉に炎症を緩和するフラボノイドが含まれており、ヨーロッパでは潰して虫刺されの治療や怪我の止血や洗浄液として用いられたとか。
また皮膚病やインフルエンザ、咳、腎臓結石の薬や泌尿器関係に対する抗炎症作用も認められいるそうです。
デトックス作用が強く、薬など化学物質の排出にもいいとか。デトックスでも腎臓のほうに働きかけるわけですね。


ブタクサに似ているので、花粉症の犯人と間違われたこともあるそうですがで誤解だそうです。

逆にアレルギー反応を抑制してくれるそうです。ただし、キク科ですのでブタクサにアレルギーがあれば控えてください。


蕾に含まれる酵素がよいそうで、開花直前のものがベストだそうです。
外用(入浴剤)でアトピーにもよいそうですが、パッチテストなどは必須ですね。

 

さて風味の方は、香りは草木系です。味はやや苦いですね、わずかに口に残るような感じでしょうか。ほどよく焙煎してあるものですので、飲みやすくなっていますね ★★★です。